花粉症はアレルギー

花粉症が原因でアレルギー反応を起こしている人の画像

花粉症は、スギなどの植物の花粉が原因となって起こるアレルギー反応のことです。風邪と共通する症状も多いですが、花粉症は原因となる花粉が飛んでいる間ずっと続く場合があります。

花粉症のメカニズム

こらから暖かくなるにつれ、多くの人たちを困らせるのが花粉です。特に春先になると、風邪の影響を受け大量の花粉が飛散するため、スギなどの木本植物による花粉症を発生する人が増えてきます。
そんな花粉症のメカニズムは、まず花粉というアレルゲン物質が体内に侵入すると、それを排除する働きが起こります。その際に私たちの体内ではIgE抗体と呼ばれる抗体が作られ、このアレルゲン物質に対する排除の働きをします。このIgE抗体は人によって作られやすい体質が生まれつき決まっており、こうしたIgE抗体の作られやすい体質をアレルギー体質と言います。
また、このIgE抗体はアレルギーの原因となるアレルゲン物質との接触を繰り返していくうちに肥満細胞の表面に蓄積され、その蓄積された量が一定量を超える事でアレルギーを引き起こします。その際に、体内ではアレルゲン物質に対抗するためにヒスタミンやロイコトリエンなどの化学伝達物質が放出されます。そして、この放出された物質によって、くしゃみや目のかゆみ、鼻水、鼻づまりなどの花粉症の症状を起こします。
ヒスタミンの場合は主に目や鼻の粘膜の表面にある視覚神経を刺激する事からくしゃみや鼻水、目のかゆみを引き起こします。そして、ロイコトリエンは血管に働きかけ、血管を拡張させる事によって粘膜を腫らすため、目の腫れや充血、鼻づまりの症状を引き起こすのです。そのため、こうした科学伝達物質の出方や量によって現れる症状に差があるため、花粉症と一言で言っても現れる症状は人それぞれ異なります。
また、今まで花粉症になった事の無い人でも、体内のIgE抗体が一定量を超えた事により花粉症の症状を引き起こすため、これまで花粉に悩まされていなかった人でも花粉症に掛かるリスクは十分にあると言えます。

花粉症と風邪の症状の違い

くしゃみ、鼻水、鼻詰まりなど、花粉症の症状は風邪に似ています。このような症状が出ると、風邪をひいたのか、花粉のせいなのか分からず、対策が遅れがちです。風邪なのに花粉対策ばかりをしたり、花粉による症状なのに風邪薬を飲んだりしても、症状を効果的に抑えることができません。花粉症と風邪の症状の違いを覚えておくと、対策もしやすくなります。
一番分かりやすいのは、目のかゆみを伴うかどうかです。鼻水や鼻詰まりはどちらでも起きる症状ですが、目のかゆみは風邪ではほとんど起こりません。鼻水や鼻詰まりの症状と同時に目のかゆみが出たら、花粉症を疑ったほうが良さそうです。次に咳が出るかどうかです。花粉症で咳が出ることは少ないですが、風邪ではよく出ます。咳が出ない風邪もありますのでこれだけで判断することはできませんが、ほかの症状と併せると1つの判断材料になります。
次は熱と頭痛です。どちらも花粉によるアレルギーでも起こりますし、風邪のウイルスによっても起こります。しかし、花粉によるアレルギーの場合、微熱が続くことはあっても高熱になることはありません。高熱が出た時は風邪の可能性が高いでしょう。頭痛も風邪の可能性が高いですが、鼻詰まりの症状が続くと酸素不足によって頭痛が起きることもあります。高熱や咳と同時に頭痛がある場合は風邪の可能性が高いですが、そういった症状がなく、鼻水、鼻詰まりが続いた後の頭痛だけであれば花粉症の可能性が大です。
鼻水は見分けがつきにくいですが、花粉症による鼻水は無色透明でサラッとしているのに対し、風邪の鼻水は黄色く濁っていることがあり、粘り気があります。
このように1つの症状では見分けることが難しいですが、いくかの症状を詳しく見ていくと、風邪か花粉症か分かるはずです。

花粉症の治療薬

花粉の時期になると目のかゆみや鼻水、くしゃみなどの症状に悩まされている人も多くいるでしょう。花粉症にはどのような治療薬が使われているのでしょうか。
花粉症の治療薬の種類には、大きく分けると3つあります。一つ目は、花粉症全般の症状に効果的な飲み薬です。二つ目は、目のかゆみや充血などに効果的な点眼薬です。三つ目は、鼻水や鼻づまりに効果がある点鼻薬です。これらは、現れている症状に応じて病院で処方されます。
基本的には、抗ヒスタミン薬と呼ばれる飲み薬で治療を行います。これは、アレルギーの原因である花粉が体内に入るとヒスタミンやロイコトリエンなどの物質が分泌されます。このヒスタミンが神経を刺激することで、くしゃみや鼻水などの不快な症状が現れます。このヒスタミンの働きを抑えるのが、抗ヒスタミン薬で花粉症の症状を抑えてくれる効果があるのです。
また、鼻の粘膜でヒスタミンやロイコトリエンなどの分泌液を抑える遊離抑制薬も治療薬として使用されています。この薬は、軽い症状の時に使用されることが多いです。
飲み薬のほか、目のかゆみがあるときは、点眼薬である目薬が使われます。これは、目に局所的に使用するため効果が発揮されます。鼻水や鼻づまりには、点鼻薬が使用されます。鼻の中に直接スプレーすることで、炎症を抑え鼻水や鼻づまりを抑えてくれます。飲み薬や点眼薬、点鼻薬は症状に合わせて、いくつか組み合わせて使うことも多いです。
最近の治療では、舌下免疫療法と呼ばれる舌の下にスギ花粉を垂らして治療する薬も使用されています。2014年に発売された新しい治療法のため、行っている医療機関もまだ少なく、理解度が低いこともあります。
このように花粉症の治療には、その人に応じた治療を行うことが大切なのです